スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウライキジ

quiz111.jpg

コウライキジ
Ring-necked Pheasant/Phasianus colchicus
初列風切P8

なかなか見る機会がないですが、コウライキジです。

鳥ブログから来てくれた方、当たっていましたか?
「はいはい、キジキジ」みたいに決めつけていると、野外で珍しい羽を見逃しますよ。

キジ、コウライキジを同種だとお考えの方なら正解です。

「コウライキジなんてわかるわけねーよ!」と思っている方、そんなことないんです。

風切、尾羽、体羽、などなど…模様はキジとだいぶ違います。


コウライキジ比較
こうして比べれば、違いに気づいてくれるのではないでしょうか?

左から
キジ♀、コウライ♀、キジ♂、コウライ♂です。
比較しやすいように、すべてP8で統一しております。

鷹斑といいますか、シマシマの数が違います。
もちろん個体差はありその数は多少前後しますが、見慣れていれば比較的簡単に識別できると思います。

次列風切の識別は正直厳しいですが、それ以外の部位ならイケるかと。

コウライキジの羽は一通り持っているので、順序紹介していこうかなと。


スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ホシハジロ

ホシハジロ次列風切
ホシハジロ
European Pochard / Aythya ferina
次列風切 S1~12
三列風切 Te1~4

ホシハジロ続きです。

ホシハジロがいる池で拾った場合、間違えるような類似種はいないのかなと。

面白いのは次列風切8枚目から顕著になる外弁のふくらみですね。
こんなにもぶくぶく膨らんでくれて、いかにもカモらしい。

あと今回初めて並べてみたんですが、スズキンクロと比べると次列風切のカール具合が非常に強いです。
羽軸も固くて、非常に並べにくい・・・。

スズキンクロは白い翼帯がばっちり入って並べてて楽しいけど、これはなかなか地味でございますな。。。



    ↑
やはりホシハジロと似てますね

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ホシハジロ

ホシハジロ初列風切
ホシハジロ
European Pochard / Aythya ferina
初列風切P10~1

ホシハジロです。すごいでしょう!

羽好きの間でちょこちょこ言われていることなんですが、
ホシハジロの羽って手に入れる機会が非常に少ないんですよ!!

基本的Anas やキンクロスズガモに比べると多少個体数は少ないかもしれない。
だけどそんな「レア!」な鳥ってわけじゃないのに、拾う機会が非常に少ない・・・。

死体が落ちているどころか、猛禽に襲われた食痕があるわけでもない。

みなさん自宅の羽ボックスを漁ってみてください。
ホシハジロ、持っていますか?

私も鳥見13年目でついに手に入れることができました!今年の冬ですよ!


池の周りを歩くと、換羽で抜けたであろう羽は何枚か拾うことはできます。
ですが持っている人は少ない。

おそらく、、、ですけど、一般鳥屋がこの羽を見つけた場合、ドバトだと思ってしまうのかな…と。
羽軸がもう少し短ければドバトにそっくりだと思います。
反り具合も違いますけどね。
シャイニーパッチもバルバリですし。

そんなわけでなかなかレアなホシハジロ。
持っているという人はなかなかラッキーだと思います。



    ↑
アヒルの羽ですね。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

カツオドリ

カツオドリ尾羽
カツオドリ
Brown Booby / Sula leucogaster
尾羽 T2?

「なんだよ、ただの黒い羽じゃねーか!」と、お思いでしょう。
その通りです。

大して特徴もない、ただただ黒い羽。
私が海岸で拾った時もこの一枚がぽつんと落ちていて、じっくり見ていなかったらその場に捨ててきていた羽だったと思います。

みなさん気付いてますか?
そう、この尾羽、やけにでかいんですよ!!ものすごいです!!



ではどのくらいでかいかというと・・・


尾羽比較
基本的なでかそうな海鳥の尾羽を並べてみました。
何かわかりますか?



では、答えを。
左から・・・
・ウミネコ 中央尾羽 幼羽 (14.0cm)

・オオミズナギドリ 中央尾羽 年齢不明 (15.6cm)

・カワウ 中央尾羽 第一回冬羽 (19.0cm)

・オオセグロカモメ 中央尾羽 第一回冬羽 (18.2cm)

・カツオドリ いろいろ不明 (21.2cm)

わかりやすいように中央尾羽で揃えました。

オオミズナギドリなんか体も大きく、尾羽も長いイメージがありますが、実際はこんなもん。
カワウも尾羽ずば抜けてますが、19cm。
オオセグロなんていろいろ大きいくせに18cm

これがわかっていたからこそ!
この羽の大きさに気付いて無事拾うことができたんだと思います。

日々、羽を眺めまくっていた成果が出たって感じですね!


さて、ここまで偉そうなこと行っていますが、これが本当にカツオドリかどうかは怪しいです。
おそらく・・・そうだろう・・・・・・。。。という。

もし違うよ!って場合はお知らせください。


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コゲラ

コゲラ翼表
コゲラ
Japanese Pygmy Woodpecker / Picoides kizuki seebohmi


天才青年からの頂きもの。
素晴らしいことこの上ないですね!
この素敵さは説明不要でしょう!!

コゲラ翼裏
枚数は
初列風切・・・10枚
次列風切・・・7枚
三列風切・・・3枚

野外でどの部位を拾っても間違えるような種はいないでしょう。

こんな素敵な翼をありがとう!!



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。