スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミミズク

コミミズクP10-6
コミミズク
Short-eared Owl/ Asio flammeus
初列風切P10-6
※P9とP8が逆になってますね。スミマセン・・・。
 
コミミズクP5-1
初列風切P5-1
 
とてつもなく美しいっ!!
これだけで何か月もニヤニヤできる。
 
まとまった羽なら識別も容易だけど、1枚だけ拾ったりするとトラフズクと混同しちゃう。
こればっかりはパターンを覚えるしかない。
 
肌触りはもう最高級!
内弁の下側なんか触ってるのに触ってる感覚ないからね!
ふわふわすぎる羽。素敵。
 
KOMIMI_113.jpg
フクロウ類といえばコレっ!!
 
P10の外弁。毛羽ったっている!
これにより乱気流が発生して羽音が抑えられる、、、って話しを聞いたことがあります。
 
大型のフクロウ類はもちろん目立つんだけど、小型のコノハズク類にも小さいながらもあります。
萌えポイントですね。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。