スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロツグミ

クロツグミ尾羽
クロツグミ 雄 第一回夏羽
Japanese Grey Thrush / Turdus cardis
尾羽T1~6
下尾筒
体羽

3日連続で日本周辺にしか生息していない鳥のご紹介。

クロツグミの尾羽。
外で拾おうもんならまず識別不可能だと思います。
中型ツグミ類まで絞って、T6が落ちていたら白斑があるかないかで絞って、色合いで絞って、運よく下尾筒や体羽が落ちていたらなんとかクロツグミと識別できるような・・・。

特徴は何もないです。黒いくらい。

尾羽の下にある細かい羽、左が体羽で右が下尾筒です。
マミジロは共に模様が違うので、覚えておけば外で役に立つかもかもかも。

体羽はこんな黒ぽっちが集まって、あのお腹の模様を作り上げているんですね。

羽を集めていると、生きた鳥・初見を見る前に羽の方を先に拾う、ということが多々ありますよね。
私はこのクロツグミがそうで、羽を手に入れてから3年後にようやく生きた状態を見ることができました。

オオジュリンなんかもライファーの3年前に羽だけ手に入れたし、コミミズクもフクロウもヤマセミも羽の方が先。

そんなんだから今でも未見の鳥で羽だけ持っている、、、なんてのも何種もいます。
ウズラ、アボセット、アカツクシガモ・・・。ライファーゲットはいつになるかな。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。